顎関節症の治療

レーザー鍼治療の取穴部位

作用は、膠原線維の合成、血管増生を促進させることにより組織の治癒をはかり、
さらに細菌の増殖を抑えることにより痛みを緩和させると考えられています。