管理人のコ−ナ−

 管理人の勝手なレポ−トなんかを載せていきます。
ま、何かやった時の日記みたいな感じでやっていきたいと思います。
2006
セントラル ダイナマイトカ−ト選手権第1戦
のレポート
今年も早いもので開幕です。
昨年の最終戦以来、ほとんどカートにも触れなかったまま開幕しちゃいました。

レースまでにadachi-R様にキャブのファンネルを作成していただいたのと、KAWANISHI POWERの和田さんにラジエター加工をしてもらい、テスト兼ねて前日練習に参加です。

・・・前日練習・・・
朝早めに到着し、準備を行い、エンジンの暖気してると気温・湿度が異常に低いためメチャ薄く出ます。
怖いので、メインジェットを上げ、走行開始。
あれ?水温が異様に上がります!
気温は低いのになぜ上がる???と思いながらピットに戻ると、水が減ってます!!
おかしいなぁ?と思い、水を足しながら走行。

adachi-Rの新しい(?)チャンバーは12500rpm以上が非常に素晴らしいのですが、それまでがもたつくので、ファンネルで調整しようと思ったのですが、トルクに「谷」が大きく出てしまい、まだまだテストが必要な感じです。
恐らくこのチャンバー、もう少し低速にトルクバンドを持っていければ、かなり良いチャンバーになりそうです!( ̄ー ̄)ニヤリッ

チャンバーとファンネル、キャブは大体の所が出たんですけど、デトカンがものすごい勢いでカウントを打つので、ビビリモードのセットなので、レース当日にもう一度、絞ってみて走行する事に。

問題はラジエター!!
その時に分かった原因は、僕がラジエターキャップを取り付ける際に、シールをきっちり打っていなかったため、水漏れが発生。皆さんにエポキシ借りたりし、対応。

・・・レース当日・・・
久しぶりに、レースに遅刻です。
大慌てで準備!!
そして暖気。
キャブはちょっと絞ったんですけど、大丈夫そうなのでそのまま走行してみることに。

うーん、エンジンに気を取られすぎて、フレームセットがちゃんと出てません。
とりあえず、リアの踏ん張りが無い。。。
トレッド等の問題ではなく、単純にシャフトが柔らかいというか、ヘタってます。。。
まぁ、ごまかしのセットをして、予選に。。。

・・・予選・・・
フレームセットを変更して良かったのはS字のみで、あとは根本的な問題があるので、コーナーメチャ遅い!!
まっすぐはそれなりですけど、スリップに着く為にコーナーの脱出を頑張ると、はぁ!?って感じでリアが出ます。だからスリップに入れません。。。
最悪でした。。。

・・・決勝・・・
エア圧、トレッド、車高を変え、メッチャアンダーになるようにセット。
エンジンも周りでボコボコ焼いていますが、ヘッドをめくって確認すると、もう少し絞ってもいいかな?位なので、そのままで。。。
スタートは相変わらず、うまく行き、2、3台抜いて1コーナー。
車の向きが素直に変わってくれないですが、アクセルは踏んでられるのでスリップには普通に入れます!
で、集団の中で抜きつ抜かれつのバトルをしていたんですけど、後半勝負でタイヤ温存のため、プレッシャーを掛けるだけにして様子をみていると、5番の横田選手に抜かれてしまいました。

横田選手のエンジンは調子良さそうで、ガンガン前を狙っていっているので、付いて行くことに。
で、4コーナーで悲劇が!!
4コーナーで横田選手がインに入っていったので、ついてインに入ると、見た事無い新しい子に被せられ、避けようとした横田選手が目の前でスピン!!
それを避けようと、インに切り込んだんですけど、芝生に入ってフロントロック・・・
さらにアウトにいったん振りたかったんですけど、そこには他車もいたので行く場所も無く、横田選手とクラッシュ。。。

クラッシュした瞬間、TOPS製のカーボンケプラーのカウルがこっぱみじんに砕け、一瞬、横田選手のカートの下に潜り込み、そのままグラベルまで押し出して止まりました。
危ないので、逃げようと思ったんですけど、足が動きません!!
足の指は動いていたので、折れてないとは思ってましたが、歩けません。
横田選手も激しくぶつけられたので、肘が痛かったとの事でしたが、助けてもらい、避難。
そこで、シューズを脱ぎ、レーシングスーツをめくると、15cm位、脛の肉を削られ、骨が見えてます!!
突然バックストレートでコンクリートウォールに激突したクラッシュもあった為、赤旗!
そのまま2人で救急車に乗り病院です。

僕は骨太と体の柔軟性のよさが自慢なだけに骨は異常なかったのですが、捻挫と皮膚の裂傷で、ギブス&松葉杖&15針。。。

病院からサーキットに帰る時、カート片付けるのどうしよう???と悩んでたんですけど、KIKIの川端君と伊藤君が片付けと積み込みをしてくれており、さらに、みんな心配してくれて待っててくれていました!
本当に嬉しかったですし、絶対に帰って来てやる!と思いました。

本当に、川端君&伊藤君、ありがとうございました。
和田さん、花田さん、吉野さんを始め、みなさん、心配してくれてありがとうございました。m(_ _)m
めちゃ、嬉しかったです。
事故の相手の横田さん、本当に避けきれず、ごめんなさい。おまけに心配してくださり、ありがとうございました。

レース一週間後・・・
ようやく、松葉杖&ギブス無しになったので、クラッシュ後のカート君にご対面。。。

フロントバンパーはどこにあるでしょう?って感じです(T^T)
ちなみに、フレームも3cm以上下がってるし、縮んでます。(要するに廃車です)

この折れたフロントバンパーがレーシングスーツを突き破り、足に怪我をさせました。
ちなみに、バンパーに血と肉がついてたそうです・・・

アクセルペダルもちぎれてます・・・

ブレーキロッドも折れてるし、タイロッドも両方曲がってます。。。

粉々になったカウルを集めてみました。TOPS製のメチャ丈夫だったカウルであったからこそ、捻挫で済んだと思います。普通のファイバーの薄いカウルなら、複雑骨折だったと思われます・・・

今回の被害品は、
カート1台
カウル
スーツ
シューズ
グローブです。。。

とりあえず、頑張って懲りずに出場できるように準備中です!
皆様からの義援金ならぬ、義援パーツ等、お待ちしておりますm(._.)m ペコッ(冗談)