Cクラスのコ−ナ−

2サイクルフラットバルブレーシングキャブレター
PJキャブレターはもっとも古くシンプルで数々のファクトリーマシンや市販レーサー等に採用され、その特性の優位性から2サイクルレーシングマシンのスタンダートとなりモトクロッサー(CR系)ロードレーサー(RS系)共に活躍しています。
又、NSRなどワークスマシンにもバージョン違いではあるがPJタイプ(90年代よりマグネシュウムボディに特殊コーティングされた通称白キャブ)が使われ常に最速の歴史を歩んできました。

PWKキャブレターは、フラットバルブの進化系、特殊フラットバルブの採用によりレスポンスと出力の向上を狙った2サイクル専用のレーシングキャブレターです。WGPや全日本選手権でプライベーターより圧倒的な支持を得て当時ワークスの存在しないIA125で予選上位通過者装着率100%などを誇り、ミニクラスのS50/S80でも常に上位を独占していました。

PWMキャブレターは最新のフラットバルブを持ち、更にボディの短胴化によるレスポンスやレブ特性の向上につながっている。

P-タイプキャブレターの構成部品図

P-タイプキャブレターの外寸法例

PJ34/36/38・(RR/MX)
STDフラットバルブ

PWK38/39M
スーパーフラットバルブ

PWM38
半月バルブ