YZエンジンメンテについて

エンジンの調子が悪いとき・レース前のチェック項目
燃料フィルター ガソリンホース、キャブのダイヤフラムの反対のフタの中にあるフィルターの掃除・交換
排気漏れ チャンバー、エキパイからの排気漏れチェック
燃料ポンプ 燃料ポンプのへたりチェック・掃除、交換
圧縮漏れ シリンダーヘッドからの圧縮漏れ、ピストンリングのへたりをチェック
クランクシャフト 外からクランクシャフトを動かしてガタがあればOH
ドライブスプロケ 尖っていないか、ちゃんと止まっているか
電気系  プラグを外してエンジンを回し火花の強さを確認。
プラグはレース時は新品を。
 プラグを外してエンジンを回し火花の強さを確認。各配線に断線や、折れている所が無いか、プラグキャップは大丈夫か、プラグはレース時は新品を。
YPVS スムーズに動くか? カーボンは洗い流しておく
ノイズボックス  ゴミは溜まっていないか、正しく装着されているか。
また、アクセル全開時にキャブのバタフライも全開になっているか
ミッションオイル  ミッションオイルは規定量近くまであるか、汚れていないか。
ドレンはワイヤーロックされているか。
リードペダル リードペダルは割れていないか
シリンダーヘッド デトネーションの被害を確認
カーボンの除去
(キズはつけないように注意)
ピストン クリアランスはもちろんだが、ピストンピンを止めているサークリップはちゃんとついているか
キズ等はないか
ピストンヘッドについてるカーボンの除去(キズはつけないように注意)
シリンダー デトネーションの被害・シリンダー内部のキズ等確認
排気ポート側のカーボンの除去(キズはつけないように注意)
キャブとの接続 きっちり取り付けされているか、インシュレーターに亀裂は無いか。
プラグ  かぶってはいないか等チェックすること
チャンバ− チャンバ−内のカ−ボン除去。
 よくある原因は、キャブ(キャブ編参照)、イグニッションコイルのアースが振動で剥がれるトラブル、プラグキャップ、YPVSの作動、デトネ−ション等の確認、リ−ドペダルの割れ、点火時期、チャンバ−からの排気もれ、ガスケットからの圧縮もれ、キャブとの接続不良等。
メンテナンスへミッションのペ−ジへ