トランポのコ−ナ−積み方編

 ここではカートをどーやって積むかを考えたいと思います。
一番良いのは、ハイエースやキャラバン等の箱バンです。
2台のカートを載せる場合、横に立てて2台載せて、真中に工具を載せたりします。
以前は嫁のカートを載せており、そうしていたんですが載せっぱなしだと燃費も悪いし、走らないしで良い所が無いんで、普段はおろしています。
で、カートに行く時一人で準備しないといけないので、カートを傷めずに一人で載せられ、荷物もたくさん積める方法を紹介したいと思います。


まずはカ−トに行くために荷室を空っぽにします。(当たり前??)
まずは荷物を積む。
重い物は前に!
エンジンボックス等背の高い箱等も
同じ高さのパーツボックスを車の4隅に積みます。
パーツボックスの隙間に適当に荷物を放り込みます。(パーツボックスよりは低い位置にする事。)
次にパーツボックスの上に板を載せます。
カートちゃんを板の上を転がせて載せちゃいます。
ガソリンタンク等、すぐに出す必要があるものは後からカートの下に入れると便利です。
後は適当にカートの上に置いても問題無い物を押し込んじゃいます。
この方法で積んだ場合、後方確認もそんなに問題ありません。カローラバン等でも高さの調整さえすれば、同じような積み方は出来ると思います。
もっと積み良くする為、ベット兼用荷物・カート台を作っていきたいと思います。

番外編として、200系ハイエースに専用台を作成した例です。ご参考に。。。