倉乃のそばは、上田市真田町渋沢にある標高1,200mの自社のそば畑から始まります。
 夏−そばの畑を耕します。そこにそばの種をまきます。
 秋−そば畑は見渡す限りの真っ白な花畑になります。
白い花が枯れると黒い実をたくさんつけます。これを刈りとります。刈りとったそばの実を当社のオリジナル摺り機で粉にします。このそば粉を使ってそばを打ちます。打つ時に使う水は四阿山の清冽な水です。

高原の爽やかな地で種まきします 見渡す限りのそばの花が咲きました


倉乃は手打ちそばです
そば粉をこねる 生地をのばす

そばを切って完成