移動共用アンテナの紹介でーす!!

 
       移動風景
 
 移動の全体写真です。 7MHzの運用中です。釣竿からノンボリ竿(終端)
までは27mちょっとかな (^^ゞ
設置、撤収の効率化また、直線的に25mほどあれば方向を選ばずアンテナが張れ、
尚且つ高利得を目指したものです。AH−4は使用しません。



 
    給電部
 
   釣竿からコイルの配線です。コイルはモービルアンテナの基台に
付けています。釣竿は塩ビパイプに差しています。



   釣竿の取り付け
釣竿は塩ビパイプに差しています。 パイプは後ろの梯子に縛っています。細いパイプはハイバンド用の 竿を立てるためのものです。


   コイル
使用するコイルはこの2本です。コイルの役目とインピーダンス整合用に 使います。ツエップアンテナを製作、そのコイルの製作の失敗から偶然この コイルが出来ました。 1.9MHz 3.5MHz 7MHz 10MHz 14MHz 18MHz 21MHzに 出れます。 コイルの作り方、エレメントのワイヤの径、長さ等は下記まで連絡下さい。  (*^_^*)

 

    ワイヤの終端の処理

  釣竿からワイヤを引っ張ってロープで縛ります。竿はノボリ用で
道の駅や大売出しに立っているものです。高さ3m位になります。
立てているのは、靴脱ぎ台や洗濯竿たてが良いです。黄色い重しは
水でなく砂が入っています。
下がアスファルトやコンクリートでも大丈夫です。
人がつまずいたり、首を引っ掛ける心配がありません。


 
    ワイヤ
 
   釣竿からのワイヤです。1本は27m位で1.9MHz 3.5MHz 7MHz 10MHz
に出れます。コイルを2本使います。
バンド切り替えにギボシ端子を使っています。切り替えは引っ掛け竿で引っ掛け
ロープは緩めません。
もう1本は15m位です。14MHz 18MHz 21MHzに出れます。コイルは1本です。
長さは1/4λベースローディング・1/4λ ・5/8λ・7/8λになります。
SWRは1.1(3.5MHz)から1.7位 バンドで違います。
RigのチューナーでOK 飛び 受けとも良いです。 (*^_^*)



 
    釣竿の先
 
   釣竿の先端の処理です釣竿の配線は竿に沿わせてテープで縛っています。
沿わせると、カーボンロットでもあまり影響ありません。
ワイヤの繋ぎはベーク板等です。



海津市海津町から平成二十五年で約34年間にわたりよくQRVしています。
移動が大好きで、試行錯誤の末に設置に約5分で、撤収は早く3分位で出来る
ようになりました。今後も不便と感じたら改良します。
製作に当たってJE2NLE(堀OM)局にお世話になり作っています。
無線で聞こえていましたら、お声がけ下さいお待ちしています。
感想等質問も下記へ、アットマークとある所を@に替えてください。 
       
                                 




ご意見、ご感想は こちらへ

アマチュア無線のコーナーへBack