「自作着うた」を作る

auの携帯電話向けの「自作着うた」を作ります。
ここではW32Sをターゲットに説明します。これは自分の携帯がW32Sという理由だからです。

「着うた」には2種類ありますが、まずは「自作着うたフル」の作成方法から説明します。次に「自作着うた」の作成方法を説明します。なぜ「自作着うたフル」から始めるのかというと、サビの部分を切り抜く必要がないため簡単だからです。それだけです。

「自作着うたフル」を作るには何が必要なの?

まず、「自作着うたフル」を作成するために必要なものをダウンロードします。

●携帯動画変換君
 この辺からダウンロードできます。
 MP3ファイルから「自作着うた」となるファイルを作成するツールです。
 本来は動画のコンバータのようですが、音楽データも扱えるようです。使いやすいです。
●QuickTimePlayer
 この辺からダウンロードできます。
 携帯動画変換君を使用するために必要になるようです。詳しいことは分かりませんです。
●Transcoding_W32S.ini
 この辺の記事を参考に作成します。
 携帯動画変換君でW32S用にファイルを変換する為の設定情報です。
 詳しいことは分かりませんです。
●Camouflage_Movie_for_W32S.ini
 この辺からダウンロードできます。
 携帯動画変換君でW32S用に変換したファイルの著作権情報を無効にする
 為の設定情報です。詳しいことは分かりませんです。

あと当然ですが音楽データ(MP3ファイル)が必要です。

携帯動画変換君のインストール

工事中

携帯動画変換君で「自作着うたフル」を作ろう

携帯動画変換君を起動して「フルもどき」を選択します。そうしたら用意したMP3ファイルをエクスプローラーから携帯動画変換君にドラッグ&ドロップします。すると出力先ディレクトリに3g2という拡張子の付いたファイルができあがります。このファイルが「自作着うたフル」のファイルになります。
このままでもいいのですが、せっかくなので著作権の解除もしておきましょう。携帯動画変換君で「著作権解除」を選択して、さきほど作られた3g2ファイルをドラッグ&ドロップします。すると今度は出力先ディレクトリに「著作権無し」という名前の3g2ファイルができあがります。
そうしたら著作権解除前の3g2ファイルはもう必要ありませんので削除してもかまいません。自分の場合は、さらに著作権を解除したファイル名から「著作権無し」を消してファイル名も変更しておきます。



著作権解除は必ずやる必要はありませんが、著作権が解除されていないと、本体メモリー→メモステのコピーやEメール添付が出来ません。(ちなみにメモステ→本体メモリーのコピーは出来ます。)

「自作着うた」を作るには何が必要なの?

「自作着うたフル」で使った携帯動画変換君以外に必要なツールをダウンロードします。
普通「着うた」はさびの部分からいきなり始まりますね。そうです、さびの部分を切り抜くツールが必要になります。切り抜きツールはたくさんあると思いますが、いくつか挙げますと・・・
●AudioEditor
 この辺からダウンロードできます。
 自分はいつもこれを使ってます。
 ちょっと癖があるツールですが慣れてしまえば使いやすいです。

●mp3DirectCut
 この辺からダウンロードできます。
 使ったことありません。
 暇があったら使ってみたいと思います。

ここでは、いつも使っているAudioEditorを使ったさびの部分を切り抜きを説明します。

さびの部分を切り抜いて作成したMP3ファイルができあがれば、あとは携帯動画変換君で「自作着うたフル」を作ったのと同じ要領で変換して「自作着うた」できあがりです。

工事中です。

copyright(c) 2006 nexstar