info_page
フリーソフト万歳!
戻る

AudioEncoderによるMIDIからMP3への変換−準備作業解説

以下はあくまで一例であり,他のソフトウェアを利用したもっと効率の良い方法があるのかもしれませんが,私自身模索中の段階です.
この手順では以下の点が気に食わないです.これを回避できればもっと良いのですが・・・
  • 変換する音楽をリアルタイムで再生しなくてはならない.⇔ 長い音楽は面倒
  • 下記4.でオーディオケーブルを使用していますが,本当にこんなことしなくちゃいけないの?
    (削除.当初録音設定で“Line”を選択としていたのですがこれを“Stereo Out”を選択とすればオーディオケーブルの接続なんぞ不要であることが判明.詩乃さんのヒントのおかげです.)


1.「AudioEncoder」(フリーソフト)をインストールする.

  1. ダウンロードはこちらから → ベクターのダウンロードページ icon_ink_Gaibu.gif
  2. インストールします.といっても.lzhを解凍するだけです.
  3. 解凍が終わったら,1回試しに起動(「AudioEncoder.exe」をダブルクリック)してみましょう.
    立ち上がった画面に右側の青地の部分の一番上に“オーディオフォーマット”を選択するプルダウンメニューがあるはずです.この時点ではプルダウンメニューの中に“mp3”はありません.

2.「gogo.dll」を入手する.

dll単体での配布はされていません(されていてもバージョンが古かったりする).
「午後のこ〜だ for Windows 」(フリーソフト)をインストールすると求めるdllが生成されるのでそれを使用するのが得策と思います.

  1. 「午後のこ〜だ for Windows 」のダウンロードはこちらから → 作者のページ icon_ink_Gaibu.gif
  2. .lzhファイルを解凍した上で「Setup.exe」を実行してインストールします.
    ※インストール中にコマンドプロンプト画面が流れますが,正常な動きです.
  3. インストールが正常に行われると,「Setup.exe」と同じフォルダ内に「gogo.dll」が生成されているのでこれを,1.のフォルダにコピーして入れます
  4. 再度上記1.4の手順で「AudioEncoder」を立ち上げ,今度はプルダウンメニューに“mp3”が現れることを確認しましょう.

「午後のこ〜だ」本体ももちろんmp3エンコーダとして機能するソフトウェアですが,今回の手順では使用しません.



3.ボリュームコントロールにて録音設定する.

  1. ボリュームコントロールを立ち上げます.
    ※一般的には画面右下のタスクトレイにスピーカのアイコンが表示されていると思うのでそれをクリックしましょう.
    ※立ち上がると“再生”に関するコントロール情報が表示されます.
  2. メニューの[オプション]−[プロパティ]よりプロパティを開き,以下の操作を行います.
    VOL.PNG - 6,849BYTES
    1. “再生”のラジオボタンにチェックが入っているので“録音”のラジオボタンにチェックを切り替えます.
    2. 表示するコントロールで“Stereo Out”にチェックを入れます.
      VOL2.PNG - 6,196BYTES
    3. [OK]をクリックします.
  3. “録音”に関するコントロール情報が表示されるので,ここで“Stereo Out”の[選択欄]にチェックを入れます.
    VOL3.PNG - 5,615BYTES
  4. ボリュームコントロールを終了します.


以上で準備完了です.
「AudioEncoder」を使用して「MIDI→MP3」の変換をおこなってみましょう!

AUDIOENCODER.PNG - 22,361BYTES




Page Top

 戻る

main_box04