連日、選挙区内を奔走し力強く支持を訴える中川博司さん(右)、池田幸代さん(左)

社会民主党長野県連合
Thanks you for your access.
TOP 最近のニュース 視点・論点 社民党とは?県連合役員問い合わせ
What's new
 2010年5月3日  63回目の憲法記念日

 上着がいらないくらいの好天に恵まれた憲法記念日。恒例ですが、県護憲連合としてJR長野駅前で街頭宣伝を行いました。若い人たちがチラシを手に取り読みこむ姿に感激しながら、憲法に向き合い、憲法を使いこなすことを訴えました。
 今日は194753日に日本国憲法が施行されてから63周年。主権在民、平和主義、基本的人権の尊重を掲げた日本国憲法は、この63年間、私たちが進むべき方向を示してきました。また、わが国が国際社会から信頼をかちとるうえで重要な役割を果たしてきました。連立3党が合意した「憲法の保障する諸権利の実現を第一とし、国民の生活再建に全力を挙げる」政治を着実に進めて行きたいものです。(中略)日米安保改定50年の今年、沖縄の米軍基地問題が大きな焦点となっています。連立政権合意では「沖縄県民の負担軽減の観点から、日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」ことが盛り込まれました。今や、住民の意思に反して、軍事基地を押し付けることはできない時代になっています。普天間基地を撤去して国外に移し、地域の緊張緩和と軍縮、非核地帯設置のため、ひきつづき努力することが求められていると確信します。
 5
18日には、日本国憲法の改正手続きに関する法律(改正手続法)が施行されます。今一番大事なことは、憲法9条改悪の地ならしをするための憲法審査会を始動させないことです。これからも、憲法改悪に反対する人々や、国の礎である憲法を軽々しく扱うことに異議を唱える人々と手を携えて、憲法審査会を動かさないよう注視していかなければなりません。ひとりひとりの基本的人権が保障される、平和で豊かな日本を次世代にも確実に引き継ぎ、他の諸国民とも更に良好な関係を築き上げていくために、憲法の理念を生かした政治を地域から、地方から実現していきたいものです。(布目ゆきお副代表のHPから)


(トップページへ戻る)
Copyright(C) 2003 Social Democratic Party. Nagano Pre. All Rights Reserved.