連日、選挙区内を奔走し力強く支持を訴える中川博司さん(右)、池田幸代さん(左)

社会民主党長野県連合
Thanks you for your access.
TOP 最近のニュース 視点・論点 社民党とは?県連合役員問い合わせ
What's new
 2010年7月1日  普天間基地は国外へ!沖縄の怒りとともに
大北・上伊那で連帯集会、2日には松本勤労者福祉センターで午後6時から

 普天間基地は国外へ!長野県護憲連合などが主催する「沖縄連帯集会」が取り組まれています。6月30日には大北地区・サンアルプス大町で、7月1日には上伊那郡飯島町民会館でそれぞれ開かれました。前半は、琉球新報社報道部の滝本匠さんが来県し、「沖縄問題ではない沖縄にある基地の問題」をテーマに講演。【写真左】
 滝本さんは、「沖縄の基地問題は日本全体の問題だ。海兵隊の7割が沖縄に集中し、事件事故が絶えない。9.11同時多発テロの時、米兵の銃口は日本人にも向いていた。米軍は日本を守らない。同時に、日本政府は沖縄を差別し、切り捨てようとしている。『なぜ沖縄に米軍基地が集中しているのか』という問いにアメリカのキャンベル国務次官補は『代わりになる場所を政治的に提示できないからだ』と答えている。本土の基地反対運動を恐れて、日本政府は代わりの場所を提起してこなかった。政治が動けば県外は可能だ」と、沖縄の地元のマスコミの立場から解説しました。沖縄の怒りとともに、社民党の前進を期したいものです。


 【滝本匠(たきもと・たくみ)さん】琉球新報社東京報道部記者。1973年大阪府生まれ。98年琉球新報社入社。編集局社会部に配属、県警担当。01年から八重山支局長。05年3月から本社政経部に異動、同年6月から1年間、在日米軍再編問題の取材でワシントン特派員に。鳩山政権発足を受け2009年11月から東京報道部に異動。

 
▲大北地区・選対集会に合わせて          ▲上伊那地区の沖縄連帯集会
(トップページへ戻る)
Copyright(C) 2003 Social Democratic Party. Nagano Pre. All Rights Reserved.