清水町配水塔資料館の展示物

◇テーマ「近代水道の誕生」

 近代水道誕生以前の近世高岡の上水木樋等の写真及び高岡の近代 水道(昭和3年12月着工〜昭和6年6月完成)が誕生するまでの 工事写真や当時の装置・工具などを展示しています。


※写真クリックで大きい写真です。
tanzyous

  建設期の写真パネル
  ・清水町浄水場建設工事(昭和4年)
  ・市内水道管布設工事(昭和4年、守山町地内)
  ・場内急速ろ過室(ろ過池8基で、源井から送ら
    れてくる水をろ過していた)
  ・場内送水ポンプ室(ポンプ6台で、市内へ水を
    送っていた) 


tikukans

  横田町出土の竹管及び継手


sikiris

  700mm水道用仕切弁
              
 高さ         2534mm
 巾           1080mm
 厚            610mm
 重さ       約2000kg
 全閉回転数  約100回


kankis

  清水町配水池の換気装置(建設当時の実物を展示)


nabes

  鉛コーキングセット・鉛溶融ナベ
 (通水当時、水道管の接合に使った工具)


setugous

  通水当時から現在までの水道管及び接合方式の移り変わり
 (通水当時の鋳鉄管、戦後の石綿管、現在のダクタイル鋳
   鉄管を展示)


namaris

  並列取り出しによる給水方式・鉛管接合用工具


syouka1s

  末広町の地上式消火栓


syouka2s

  瑞龍寺の地上式消火栓


haikans

  保温・つゆ防止加工された内部水道管


【配水塔資料館ページに戻る】
【お宝たちページに戻る】 【嶋くんのトップに戻る】