トップ > 何をしているの? > 信濃学園通信バックナンバー > 第96号

信濃学園通信 第96号 平成24年11月発行

「事業団運営についての展望」  総務課長 佐藤 靖
 学園の運営が指定管理により長野県社会福祉事業団に移行されたことは既に学園通信によりお伝えしておりますが、信濃学園は県内唯一の福祉型障害児施設としてその役割は大きく、今後も児童施設としての維持を目標とし、養護学校卒業の後は出身地域への移行を前提としています。近年の入所利用状況を見ますと、発達障害を中心とした重度化の傾向が強く、ご家庭での受入、また成人施設の慢性的な定員満床の状況等により必ずしも、卒業と同時の出身地域への移行が容易な状況ではありません。早い段階での関係者によるケア会議等の実施により、本人・保護者の意向を明確にしたうえで、早期の移行プログラムの作成に努めています。
 こうした中で、事業団としても今年度作成の『長野県社会福祉事業団第2次長期構想5か年計画』を基に県内事業団事業所と連携し、関連入所施設の地域移行を引き続き推し進め、具体的には新規グループホーム及び生活介護事業所等の設置により、学園も含めた施設入所利用者の地域移行を推進していく予定であります。

写真

「のびろ祭」  専門員 有賀洋司
 10月6日(土)に「のびろ祭」が開催催されました。昨年度は改修工事の関係で11月の開催になってしまいましたが、今年度は例年通り秋晴れの10月初旬に行うことができました。
 昨年好評を得た信濃学園も含まれる長野県社会福祉事業団の他の事業所販売は、学園の利用者や松本養護学校信濃学園分室の児童だけでなく、地域の皆さんにも喜んでいただける企画として定着しつつあります。
 今回ののびろ祭に携わった学園利用者、職員、松本養護学校信濃分室児童、教諭はもちろんのこと、保護者の皆様や来賓の方々、御協力願ったボランティアのみなさんや地域のみなさんに感謝をするとともに、何よりも学園利用者、松本養護学校信濃学園分室児童が楽しめる一日であったことを喜ばしく思います。

【寮の紹介】

「こまくさ寮の活動」  専門幹 小倉正浩
 現在こまくさ寮には、4名の利用者が暮らし、家庭に近い居住環境で、家族のような関わりや生活の流れを大切にしています。週末にはホットプレートを使ってクッキーやホットケーキ等を利用者が作ったりしています。長期休暇には、普段では難しい外出を計画しています。今年の夏休みには、上高地線の電車に乗り、松本駅前のマクドナルドで好きなハンバーガーやフライドポテトなどを食べ、その後は松本城の天守閣に登ってきました。
 これからも、楽しくて思い出に残る体験ができるような計画をしていきたいと思います。

イラスト

「南寮・夏休みの思い出」  支援員 深川晴奈
 今年の夏休みには、南寮の利用者の皆で大町にあるエネルギー博物館に行きました。
 到着後お弁当を食べ、館内の展示スペースを見てまわりました。パズルや電車の模型、ジェットコースターの擬似体験ができる乗り物等、普段見慣れないおもしろいものが沢山あり、皆興味津々でした。真夏の暑さも吹き飛ばす楽しい経験ができました。
 これからも利用者の皆さんに良い経験をしてもらえるよう、様々な余暇活動を考えていきたいと思います。

「こまくさ教室について」  心理・支援員 宮島真理
 学園では、心身の発達に心配のあるお子さんとそのご家族の方を対象とした療育相談事業「こまくさ教室」を開催しています。受け付けている相談は、主に言語や生活、運動、歯科、自閉症、発達障害等についてです。日ごろ悩んでいることや疑問に思っていることなどについて経験豊富な先生がお話を聞いて下さいます。長野市と駒ヶ根市でも各一回行っていますので、それぞれの地域のご家族の方々に足を運んでいただけたら嬉しく思います。
 また、「こまくさ教室」の一環として、年に1回「公開講座」という講演会を開催しています。ご家族の方だけでなく、興味や関心のある方はどなたでもご参加いただけます。お気軽にお出かけ下さい。

イラスト

「栄養ケア・マネジメント」  管理栄養士 二木晴久
 信濃学園では、栄養支援サービスの一つとして平成22年10月より栄養ケア・マネジメントを導入しています。
 具体的には、入所利用者の方々の低体重・肥満の予防や改善及び食生活の向上を目的とし、管理栄養士が支援員や看護師と連携をとりながら栄養ケア計画書を作成して、3か月おきに評価・見直しを行い、適正な栄養が摂取できるよう努めています。
 栄養ケア・マネジメントを進めていく中で、偏食傾向にある利用者さんや噛む回数が少なく丸のみ傾向にある利用者さんに対し、個々の障害特性に合わせてどのように栄養ケア計画を立てていくか難しいところもありますが、担当支援員等と協力しながら、少しでも改善できるよう取り組んで行きたいと思います。

【のびろ祭・分室生の作品】

写真

【新しい職員の紹介】
 7月以降に着任した職員です。よろしくお願いします。
  支援員 降旗 誠
  支援員 小口俊倫
  支援員 輪湖賢一
  支援員 志村 剛

イラスト

【お知らせ】
 今後の行事予定
  12月・クリスマス会
  1月・もちつき会
  2月・豆まき会  等
 次号は、東寮、西寮の様子も紹介しますので楽しみにしていてください。

【編集後記】
 今年は、残暑が厳しかったものの今では秋風が吹き、朝夕はめっきり寒くなってきました。利用者一人一人が体調を崩さず、楽しい毎日を過ごすことができるよう、余暇活動の充実をはかりながら支援していきたいと思います。(職員H)


pdfファイルバージョンはこちらからご覧ください。
  第95号 平成24年6月発行(pdf形式461KB/3ページ)

 信濃学園ホームページでは、「利用者さんが写っている写真についてはご本人及びご家族のご希望に沿って」掲載させていただいております。

▲このページのトップへ

トップページ | どんなところ? | 何をしているの? | 利用者の皆様の様子 | アクセス | サイトマップ