トップ > 何をしているの? > 日中活動 > 新聞紙の薪の販売

新聞紙の薪を販売します

 利用者さんが日中活動(生活介護)で製作した「新聞紙の薪」を販売しています。

用途など

写真:新聞紙の薪

 ・薪ストーブ、暖炉の補助燃料やバーベキューなどでご利用ください。
 ・災害で避難したときなど、暖を取るのにも使えます。

・紙の燃えるにおいがするので、燃焼が落ち着いて炭のようになるまでは、食材を直接焼いたりあぶったりするのには不向きです。網焼きよりも鉄板焼きをお勧めします。
・新聞紙の薪1に対して木の薪2の割合で使用するとよいとのことです。
・単独では着火しにくいことがあります。
・燃え終わったあとの灰は、畑や花壇にまくことで肥料効果が期待できます。

お値段

 ・4個(約850g)で50円です。

お問合せ先

 信濃学園 支援課 日中活動担当 小倉まで
 利用者さんの日中活動の一環として製作していますので、申し訳ありませんが大量注文には応じることができません。

新聞紙の薪ができるまで

写真
利用者さんが頑張って
古新聞を破ります
写真
洗濯機を使って溶かしながら
さらに細かくします
写真
ざるで水を切ります

写真
専用の器具で整形します
写真
十分に乾燥させて完成です
写真
「のびろ祭」で販売しました

▲このページのトップへ

トップページ | どんなところ? | 何をしているの? | 利用者の皆様の様子 | アクセス | サイトマップ