トップ > 利用者の皆様の様子 > 日ごろの活動 > 2013年5月

日ごろの活動(2013年5月)

 学校行事や寮での活動、学園の取組などの様子をご紹介します。


 5月27日(月)
 信濃学園苦情解決委員会が開催されました。
 利用者の保護者の皆様などから寄せらる苦情、意見、要望などについて速やかに対応し、福祉サービスの向上を図るため、苦情解決委員会を設置しています。委員は、苦情解決責任者である信濃学園所長及び学園内の苦情解決担当者並びに外部の第三者委員で構成されています。
 平成25年度の業務概要、現在の状況及び平成24年度に受審した福祉サービス第三者評価の結果についてご説明し、意見交換を行いました。
 平成24年度については苦情の申立てはなかったこと、福祉サービス第三者評価ではおおむね高評価をいただいたこと、一部改善を要する事項が指摘されましたが、順次改善に取り組んでいることを報告しました。
 第三者委員の方からは、「利用者の保護者の皆さんへアンケートを実施し、意見や要望をくみ取っている取組は良いことなので今後も継続してほしい」「福祉サービス第三者評価については知的障害児の入所施設という性格上、評価項目に馴染まない点も見られるが、おおむね高い評価を得られたことは職員の支援に取り組む姿勢がよいということだと思う」などのご意見、評価をいただきました。
 苦情や意見、要望はサービス向上のヒントであるという意識で、これからも苦情等について真摯に、速やかに対応してまいります。


 5月23日(木)
 信濃学園分室の授業参観がありました。
 今回は二つのグループに分かれて課題学習の参観です。不思議な帽子の中からいろいろなものが出てると、大きな声で名前をいったり、数を数えたりして日ごろの勉強の成果を披露してくれました。また、「大きな木のパズル」では交代で難しい形のピースを貼って木を完成させ、花を咲かせることができました。
 もう一つのグループでは、厚紙を使ったミニ工作でぴょんと跳ねるカエルを作りました。なかなか思うようには跳ねてくれませんでしたが、マジックで描いたカエルの表情は個性的で素敵です。工作のあとは、見本の色にあわせて厚紙の輪っかで順番にタワーを作ったり、テーブルの上のミニボーリングを見せてくれました。
 保護者の皆様も子供たちのがんばりに拍手を送っていました。


 5月15日(水)
 西寮の食堂前に緑のカーテンを施工します。
 西寮の食堂は西日が差しこんでかなり暑くなります。今年は緑のカーテンを施工して少しでも快適に過ごせるようにしたいと考えています。
 あらかじめ水に浸しておいたアサガオの種をプランターにまいて緑のカーテンを作ります。本当はポットに種まきをして苗を育て、それを定植する方がよいのですが、今年は春先に低温が続き苗を作ることができませんでした。
 直接プランターに種をまいたので、うまく成長してくれるか少し心配です。発芽したら、屋根までネットをかけて緑のカーテンにします。

写真
根が出始めた種
写真
プランターにまきました

写真
菜園の準備

 5月14日(火)
 こまくさ寮の中庭に菜園を準備しました。
 浸食してきた草をとり、小石を拾い出して土を耕し、菜園の準備をしたところです。利用者の皆さんと今年はどんな野菜を作るのか相談しながら決めていきます。


 5月5日(日)
 新しいお友達(小学5年生)が信濃学園に入所されました。ご家族の事情で急な入所となりましたが、信濃学園分室に通学されていた方なので、ほかの利用者の皆さんとも顔馴染ですぐに仲良く遊んでいました。
 学園での生活に早く慣れていただき、明るく元気に過ごしてもらいたいものです。


▲このページのトップへ

トップページ | どんなところ? | 何をしているの? | 利用者の皆様の様子 | アクセス | サイトマップ