事件4  新しい手打ち場 2003/1/09
2002年12月待望の新しい手打ち場が
完成しました。
明るくて打ち場も使いやすく
そしてなによりも
2尺3寸の新しい木鉢。
うれしいね〜。
打ち場のコンセプト

”江戸伝統の食文化の
「技」と「粋」を継承しつつ
新しいそば屋の理想を求め
我が「そば道」に更なる磨きをかけ
精進する”
なーんだか
かっこいいこと言ってるけど
親方!しっかりたのむよ!
金かかってるんだから
      そば道具紹介

麺棒 ひのき 直径25ミリ 長さ900ミリ
    ひのき 直径28ミリ 長さ1200ミリ×2本
    黒檀  直径28ミリ 長さ900ミリ
    ヒバ  直径30ミリ 長さ850ミリ×2本

こま板 ひのき 245ミリ×285ミリ
        枕 ひのき 高さ30ミリ
     桐   250ミリ×300ミリ
        枕 黒檀 高さ20ミリ

包丁  鋼  刃渡り360ミリ  重さ700グラム

木鉢  栃  2尺3寸(690ミリ)

延し板 松 900ミリ×1650ミリ 高さ730ミリ

切り板 ひのき 375ミリ×900ミリ 厚さ 40ミリ

総額  ??
とりあえず形から入る
丸吉の親方、
さて肝心のそばのでき映えは
どうですか?
「心で打つ 心を打つ」 これが親方の信条
親方がそばを打っているところを見たい方は
開店前の時間ですね!


トップページ