-ゴスドラマ過去ログ:1301-1400-
安岡優「やっほ〜会長(^^)なに?まだ仕事のこってるの?手伝おっかあ?」
北山陽一「またお前かよ、安岡。」
村上てつや「(今回はまじだなー、みんな。)」
安岡優「何?何?今日は何の仕事?俺も手伝おっか?」
北山陽一「いいからお前もうろうろしてないで帰れよ。役員ってわけじゃないんだからさ」
安岡優「いいじゃんいいじゃん。人の好意は素直に受けなきゃ♪」
黒沢カオル「(・・・うまい・・・っつうかいつものまんま・・・)」
北山陽一「とかなんとか言って、いつもいるだけだろー。こう…ちょろちょろと。」
安岡優「ちょろちょろって言うなよ〜(^^;)これでも心からお役に立ちたいと思ってはいるのよ?」
北山陽一「思ってるだけ、じゃね、何にもならないの。」
村上てつや「・・・ごめん、ちょっといい?」
安岡優「なに〜?俺も先生もがんばってたのにぃ〜。ねぇ?」
村上てつや「いや、この平和な状態から、いつ事件がどうやって起こるのかなって。」
酒井雄二「それはー・・・、竹内の腕の見せ所でしょう(^^)。」
黒沢カオル「竹内はともかく、俺も酒井も村上も出れないよ?このままじゃ。」
北山陽一「そこを無理矢理絡むのがプロの技でしょう」
安岡優「そうそう。プロなんだから、それくらい自分でどうにかしなきゃ」
ナレーション「と、メンバー1,2を争うプロ意識の持ち主に言われてしまうと返す言葉があるはずもない」
村上てつや「・・・じゃあなんとか割りこむよう努力してみっか」
北山陽一「わかってくれた?じゃあ話しつづけよっか」
ナレーション「と安岡に向き直る北山の、頬はちょっぴり緩んでいたり・・・」
黒沢カオル「・・・結局なつかれるのは嬉しいんだよな、こいつ・・・」
ナレーション「(うーん、アブナイだけの話はやだけど、アブナイテイストはいいよなぁ♪とファンの気持ちを代弁するナレーター)」
酒井雄二「オレは許さん!!」
ナレーション「ひゃあ、聞こえちゃった!?」
黒沢カオル「酒井、酒井!お前キレ過ぎだよ〜さっきから…。」
安岡優「酒井さぁん、もう進めさせてよぉ〜。」
村上てつや「そーだよ、俺は今か今かと出番を待ってるのに。」
酒井雄二「じゃあ…俺を出せ(−_−)。」
ゴスペラーズ「・・・・・・・・・酒井・・・、お前・・・・・・(−0−)。」
酒井雄二「なんだよ…いーじゃねーか!…もう、ちゃっちゃと行けよ!ホラ!」
ナレーション「それじゃあ、お望み通り生徒会室の横を通りすがる社会科教師酒井というシーンで。」
北山陽一「あっ!酒井先生 こんにちは!」
酒井雄二「おお、北山じゃないか。何か用か???」
北山陽一「なんの用もないんですけど。。。。。」
安岡優「先生が出せって言ったからねぇ…。」
酒井雄二「んー?何か言ったか、おいぃ。(二人の肩に手を回す)」
安岡優「あうっ…(-_-;)」
北山陽一「い、威圧感が…(汗)」
村上てつや「…竹内。早く事件起こせ。」
黒沢カオル「家庭科室燃やしてくれ。」
安岡優「あっちはあっちで竹内に違う威圧感が…。」
北山陽一「黒沢カオル、さらっとすごい事言ってるぞ。」
マネージャー竹内「(みんな言いたい放題なんだから…(-_-))爆弾でもしかけるか…?」
安岡優「学園ものに爆弾って・・なんかちがう〜。」
効果音「ドー――――ン!!!!」
ナレーション「と、けたたましい爆音が、突然辺りに響き渡った。」
安岡優「なになに!?ホントに爆弾仕掛けちゃったの!!!」
黒沢カオル「あ、ごめん。料理に失敗しちゃった(^^;)」
村上てつや「…」
安岡優「あ、てっちゃんが固まっちゃった(-_-;;)気持ちは分かるけど…。」
村上てつや「…く〜ろ〜さ〜わ〜(-_-メ)…」
黒沢カオル「しょうがないだろぉ〜、人間の成長に失敗はつきものだよ?」
酒井雄二「ああ、もうちっともドラマが進行してないぞ!」
マネージャー竹内「あっそうだ!!」
村上てつや「なんだよ、いきなり…」
マネージャー竹内「あと、5分くらいしたら事を起こすんで…それまで適当にやってて。」
ナレーション「というと、竹内はどこかへ走り去っていった。」
黒沢カオル「あいつって、きれると怖いタイプっぽいよな、なんか・・・。」
村上てつや「そうだよな。」
安岡優「「って言うか…事って何?すっげー嫌な予感がすんだけど…」」
北山陽一「今までにはなかった展開ではあるのだが…(-_-;;)」
酒井雄二「さてさてどうなるのやら…(傍観者?)」
村上てつや「とりあえず、なんかやりだすまで適当にやってるか」
黒沢カオル「でもてっちゃんは刑事だから事件が起きるまでとりあえず出番なしだよ」
村上てつや「じゃあ俺、今の内に、着替えてくるわ。」
安岡優「ねぇねぇ〜」
北山陽一「ん?どうした、ヤス?」
安岡優「竹内さんが用意してる間に、みんなも衣裳替えしようよー」
酒井雄二「…前回みたいなのはナシよ?もう嫌だから…」
安岡優「大丈夫だよー。今回は、結構 素に近いしねっ」
北山陽一「でもとりあえず俺らは学生服か?」
安岡優「わ〜い、俺、自分の高校の時の着ようっと♪」
黒沢カオル「…」
安岡優「どうしたの?急に黙っちゃって」
黒沢カオル「ヤバイ!用意した衣装がはいらねえ!!」
酒井雄二「…またかよ(--;;)」
安岡優「今回、ワンサイズ大きめ用意するとか出来ないからね!?」
黒沢カオル「だからあれは俺が痩せたんだって!![←裏返る]」
北山陽一「あー。はいはい。もう、そのことは良いからね。なんとかそれ、着なさいよ?」
黒沢カオル「・・・やっぱ料理はほどほどにってことかなぁ…(溜め息)」
北山陽一「あっ!そろそろ時間だ!」
安岡優「竹内が来るぞ〜(^。^)」
マネージャー竹内「って、意識しちゃだめなんですよ〜。演技してください!」
北山陽一「…なんでかっちりとスーツを着込んでるんだ!?なんかネズミ色だし…」
マネージャー竹内「演技してって言ってるのに…。いいですか!?行きますよ?」
安岡優「は〜い(^^)」
マネージャー竹内「『き、君たちは、生徒会室にいるってことは、生徒会役員なのかな!?』」
ナレーション「棒読みなマネージャー竹内。」
安岡優「…(笑) うん!そーだよぉ(^^)」
北山陽一「お前、役員じゃないじゃん。」
マネージャー竹内「?? …えーと、偉い人とかいるのかな?」
安岡優「あ!この人この人!偉いよ〜!!」
ナレーション「と、北山を一歩前に出させる安岡」
マネージャー竹内「そ、そうか。こいつか。じゃ、君、両手をこう、後ろ手に揃えてくれる?」
北山陽一「…は!???」
マネージャー竹内「あのさー、こないだリストラされちゃってさァ。なんかむしゃくしゃしててさ。しかも君、偉いんでしょ?」
北山陽一「…それとこれとなにか関係あるんですか…?」
マネージャー竹内「うん、君を人質にとって身代金もらおうと思って」
北山陽一「えぇっ!!ちょっと待ってくださいよ、何言って…」
[TOP|NEXT|BACK]