-ゴスドラマ過去ログ:2101-2200-
ナレーション「“北山………”」
酒井雄二「“先生…いや、カオル………“」
黒沢カオル「北山!!聞いてるのか、北山!?」
北山陽一「え?カオル…?」
黒沢カオル「は?」
北山陽一「いえ、すいません聞いてませんでした。(汗)なんですか?」
黒沢カオル「今日は俺、とりあえず帰るは。やることあるし…」
北山陽一「え………帰っちゃうんですか?」
黒沢カオル「うん。ところでお前、さっきからぼ〜っとしてるけど…熱でもあるんじゃないのか?」
ト書き「黒沢は、北山の額に手を当てた。」
村上てつや「(ぼそぼそ)・・・こいつらいつまで続ける気だ?」
効果音「バキッ」
ト書き「思いきり北山に殴られる村上」
北山陽一「(殺気立った声で)邪魔すんじゃない!いいとこなんだから!」
黒沢カオル「き、北山・・・?」
北山陽一「いえ、なんでもありません(ニッコリ)。」
村上てつや「しょうがねえじゃねえか。茶々いれでもしない限り話の展開がわかんねえんだから・・・」
ト書き「実は切実な村上の呟きがまたも北山を邪魔する・・・」
安岡優「ま、いいじゃん。茶々入れのおかげで俺らの状況もわかったし。こっちはこっちで話進めれば」
村上てつや「そうだな。そろそろ俺らの方を見たいとかいう奴も増えた頃だしな♪」
安岡優「(冷たく)それはないと思うけどね」
村上てつや「・・・ヤスー(涙)」
北山陽一「(安岡の言う通り。)」
村上てつや「うるせえ!お前ばかり言い目見やがって・・・」
安岡優「・・・何が良い目なんだか(嘆息)」
村上てつや「いいんだ!全国の村安ふぁんのために、そろそろこっちの話!」
ト書き「というわけで強引にメインになった二人は、雨の降りしきるグラウンドの「片隅にいた」
安岡優「・・・ねー先生ー、いつまで続けんの?」
村上てつや「っるせえなあ。コンディションが悪いときこそ練習は大切なんだろうが」
安岡優「でもさあ。もうユニフォームとかびしょ濡れで、体にまとわりついて気持ち悪いよ」
村上てつや「(う、そういえば・・・そそる光景かも・・・)」
安岡優「先生?」
村上てつや「え?」
安岡優「俺風邪ひいちゃうから、もぅやめようよ。ね?」
村上てつや「若い男子がそう簡単に風邪なんかひく」
安岡優「はっくしょん!!」
村上てつや「…………(汗)」
北山陽一「ほらぁ〜〜大体他の連中は皆帰っちゃったじゃん。何で俺だけ・・・・・・」
村上てつや「個別で練習見て欲しいって言ったのはお前だろ!」
安岡優「違うよ〜!そっちが見てやるって勝手に言ってきたんじゃん!」
ト書き「ぷぅ、とふくれてみせる安岡。村上の目には、たまらなく可愛く映る。」
酒井雄二「まだだまされてますね、あの男は。いいかげ・・・」
効果音「バキッ」
安岡優「……てっちゃん今何蹴ったの?」
村上てつや「ん?気にするな。じゃあそろそろ練習もやめにするか?」
ト書き「安岡にはとことん弱い村上」
安岡優「やった〜終わりだ〜。ねえねえ帰りどっかよってかない?」
村上てつや「んー、どこに行こうかなぁー(でれでれ)」
ト書き「村上てつや妄想天国。」
効果音「ドカッ」
村上てつや「俺は妄想ではなく、この手で野望を現実にするぜ」
ナレーション「…凄い。ト書きにまでツッコミをいれるその熱意…。」
酒井雄二「こうなったらもう誰にも止められない…。」
ナレーション「目が「野望!」って感じで…。燃えてますね…。」
村上てつや「知ってるかぁ?最近さぁ、この辺にお城建ったんだよぉ。」
安岡優「えぇ?お城?どんなの??」
ナレーション「村上さぁん・・・それって・・・お城の形したホテ」
効果音「ドスッ」安岡優「・・・いま、なんか声しなかった?」
村上てつや「気のせいだ。(余計な事喋るなよ>ナレーション)」
酒井雄二「(ヒソヒソ声で)…ナレーションさん…この展開はヤバクないですか?」
ナレーション「(同じくヒソヒソ声で)…確かに…放送禁止になりかねませんね…。」
村上てつや「なぁ、安岡。演技とかじゃなくてさ、本当のお前の気持ち教えてくれねえか。。。。。>ナカリのマジ顔」
安岡優「えっ。何いってんの?」
村上てつや「だから、もういいかげん、本当のコト言ってくれよ。頼むよ。ヤス。」
酒井雄二「あれは、本気モードですよ。どうするんでしょう。安岡。」
安岡優「あのね、ずっと恥ずかしかったから、演技してただけなんだよ。サークルん時から、ずっと好きだったんだ。」
村上てつや「本当に?」
安岡優「うん。今まで、茶化しててごめん。信じて。本当に、テツが好きだから。」
村上てつや「じゃあ、本気で俺とつきあってくんねえか?」
安岡優「ホントに、僕でいいの?」
村上てつや「もちろん。ヤスだからいいんだよ。」
安岡優「ぼく、もう演技なんかしないよ。本当の気持ちをテツにあげる。」
村上てつや「ヤス。>安岡を抱きしめる」
ト書き「恥ずかしくて言えないと踏んでたのに、村上の真剣さに負けて、本音を言ってしまった安岡。これで、本物2組目できあがり。」
酒井雄二「あの安岡の顔、本気だよ。どーするよ。ナレーション。」
ナレーション「仕方ない、私たちは私たちで仲良くしましょうか?」
酒井雄二「うっ、あっ、おっ、俺はナレーションと、つっ、付き合うって事?」
ナレーション「そ、そんなはっきり…(赤面)」
酒井雄二「だっだめだ〜!このゴスドラマで唯一の良心である俺までもがそっちに走ってはいか〜ん!!」
安岡優「なあんちゃって・」
村上てつや「…え?今なんかいった?」
ナレーション「酒井さん〜(泣)」
酒井雄二「ええいっうるさい!なんか新たな展開があったぞ!」
安岡優「イチャイチャするのもいいけど、それだけじゃ面白くないもんね♪」
村上てつや「そんな〜安岡〜!」
ナレーション「…なんか最初の主旨を忘れているような…」
酒井雄二「まあ、いいんじゃないの?」
安岡優「幸せなだけじゃ物足りないじゃん♪(天使の笑顔)」
北山陽一「〜〜〜〜(怨)」
酒井雄二「な、なんか殺気が…。」
北山陽一「お前ら。」 ナレーション「は、はい?(汗)」
北山陽一「そろそろこっちに戻してくれない?安岡の悪ふざけに付き合ってるよりずーっといいだろ?」
安岡優「ひっど〜い、悪ふざけなんかじゃないのにぃ〜。」
村上てつや「安岡………(泣)」
ナレーション「その悪ふざけによって、そうとうショックを受けた人がここに一人(汗)」
酒井雄二「あ〜あ、あんな隅の方でいじけちゃってますぜ、安岡?(ニヤリ)」
北山陽一「ほらさっさと行って片して来い。その後俺らに戻せよ。」
安岡優「なんだよぅ……まるで僕が悪いみたいじゃないかよぅ……(涙目)」
[TOP|NEXT|BACK]