-ゴスドラマ過去ログ:201-300-
北山陽一「我慢できねーって…どうするつもりだろうか。」
安岡優「しかも…あの格好のままで…。」
ナレーション「そう、2人とも女装したままなのだ。」
北山陽一「警察に捕まってない事を祈るしかないな…。」
酒井雄二「まかされたしなあ・・・。なんかしゃべろうか?」
安岡優「…俺らもさあ、北山さん。」
北山陽一「えっ…?」
酒井雄二「何よ、何なのよ・・・。何言いたいんだよ、安岡!!」
安岡優「じゃっ!!後は頼んだよ!!!酒井さん!!もう、好きにやっていいから!!!」
酒井雄二「ちょ、ちょっと・・・。ゴスペラーズは5人組でしょー?」
ナレーション「そして、この場には酒井1人になってしまった。」
酒井雄二「もうだめだ・・・。桃宮さん、これで一回終わらせない?(;;)」
ナレーション「第1話「秘密の花園」完!!第2話に続く!」
安岡優「第2話って最初から全員そろって始まるのかなぁ?」
ナレーション「…全員集まってもらわないと困ります…(-_-;)」
安岡優「とりあえずどこかにいったてっちゃんを…」
北山陽一「ほっといて・・・」
酒井雄二「でもてっちゃんほっとくと黒ポンもいないよ…?」
ナレーション「では、探しに行って下さい。待っています。 」
北山陽一「ええっ!?マジですか!!!」
安岡優「じゃあ・・・俺、北山さんと探すわ!見つけたら携帯に電話ちょうだいね、酒井さん。じゃっ!!」
酒井雄二「第2話は「愛する2人別れる2人」でどうだあーーー!!!(ヤケ)」
ナレーション「ええい、話が進まない!!マスター権限『強制集合!!!』全員集まれ!!」
黒沢カオル「ほら怒られた」
村上てつや「「ちぇっ!せっかくこれからって所だったのに・・・」」
酒井雄二「これからって…(苦笑)」
北山陽一「・・・もう少し遅ければ・・・」
酒井雄二「ああ!北山まで・・・何悔しそうな顔してんだよ!」
北山陽一「・・・・・・(苦悩の表情)・・・・・・」
安岡優「まあまあ北山さん、次があるじゃない♪」
酒井雄二「えっ!!?」
北山陽一「…そうだよね。」
酒井雄二「・・・・・・・・・・・・・・・・・(ぷちっ)」
ナレーション「その時、酒井の中で何かが壊れる音がした。」
酒井雄二「お前らいいかげんにしろー!!こんな危ないグループだったのか、俺達はー!」
安岡優「はうぅ酒井さん!?…怒っちゃった??」
酒井雄二「当たり前だー!!なんで男だけなのにバンド内恋愛が…(T_T)」
ナレーション「はーいみなさん、次行きますよー。仲良くして下さいねー。」
ゴスペラーズ「次何すんのー。何でもイイよ!俺ら演技派だから!!!」
酒井雄二「やっぱ、こう・・・涙なくしては語れないようなやつだよ。演技派!だからね!」
安岡優「はにゃ〜…?『バラ色の珍生』みたいなやつ??」
村上てつや「えー、母を訪ねて3千里系だろ・・・。」
黒沢カオル「いやあ、それは無理でしょうよ・・・いくら何でもねえ。俺、刑事物がいいなあ。」
ゴスペラーズ「いいねえー。賛成でーす!」
村上てつや「よしっ♪配役を決めるか。」
安岡優「はいはいはーいっ!俺、新米刑事がいい!」
黒沢カオル「酒井はやっぱり、ベテラン刑事と組んで活躍する主役の刑事でしょう?」
村上てつや「じゃあ俺が刑事長な!!」
北山陽一「おぉ、ボスってヤツだね。(^^)俺はどうしようかな。」
村上てつや「・・・お前犯人。(-_-)」
北山陽一「ええっ!?俺があ!?」
黒沢カオル「いいじゃん、目立つよお♪」
北山陽一「だからって・・・」
ナレーション「しぶる北山の耳元で、村上が何かを囁いた。」
村上てつや「・・・(ひそひそ声で)犯人なら少々の問題行動もし放題だぜ」
北山陽一「・・・えっ」
村上てつや「たとえば、未熟さからミスった新米刑事をつかまえてあーんなことやこーんなことも・・・」
北山陽一「・・・犯人役も面白いかもね」
ナレーション「そう言った北山のメガネが怪しく光ったことに、しかし誰も気づかなかった。」
安岡優「・・・なぁんか怪しいなぁ。てつ、先生に何て言ったの?」
村上てつや「いや、たいしたことじゃねぇよ」
北山陽一「そうそう。安岡は知らなくていいこと」
村上てつや「っつうか、知らない方が面白いことって言うか(笑)」
安岡優「うわっっ。気になる!なりまくるー!なになになにー!」
ナレーション「安岡は村上に飛びついた。」
北山陽一「や、安岡〜!!!」
黒沢カオル「て、てっちゃん…?!!」
酒井雄二「あぁ…もうなんか…とり返しがつかなくなってきた(^^;)」
安岡優「ねぇねぇ、何?何?!教えてくれるまで離れないからね〜!!」
村上てつや「うわっ、やめろよ!!!そんなに顔を近づけるなぁぁぁ!!」
黒沢カオル「そ、そそそうだぞ、やめろ安岡ぁ!!…って、ん?」
酒井雄二「ややや?!……ねぇ、黒ポン…なんか…(^^;)」
黒沢カオル「あぁ……後ろからものすごい覇気を感じるな…(^^;;)」
ナレーション「恐る恐る二人が振り向くと、そこには凄いオーラを漂わせ、下を向き何やらブツブツ言っている北山がいた。」
黒沢カオル「き、北山…?」
村上てつや「…!!おい、ちょっと安岡、離れろよ!俺らの命が…!」
安岡優「やだよお、なんて言ったか教えてくんないとお」
村上てつや「だっ…から…耳の近くで喋るなって…!!」
黒沢カオル「安岡!!いいかげんにてつから離れろよう!!」
酒井雄二「き、北山も!落ち着いて落ち着いて・・・(必死)」
村上てつや「うわっ安岡!その顔やめろ!」
安岡優「ねぇ・・・教えてよ・・・」
ナレーション「耳元で吐息混じりに囁く、その表情はまさに妖艶と言うべきもので・・・(爆)」
酒井雄二「あ゛あ゛あ゛!ナレーターさんまで壊れてきてるよぉ!(絶叫)」
村上てつや「・・・ちくしょう、どうにでもなれ!」
ナレーション「自棄になったようにそう言って、村上は安岡の体を抱き返し・・・(爆爆)」
黒沢カオル「違うぅ!これは昼メロじゃなあい!!!」
酒井雄二「放送できないよ!!」
北山陽一「・・・・・・・・・・・・・・・」
黒沢カオル「安岡、頼む!!!北山が壊れるからっっっ!!!」
ナレーション「・・・・・・壊れちゃえ壊れちゃえ(ぶつぶつ)・・・・・・」
酒井雄二「ナ・・・ナレーターさんまで壊れちゃった・・・」
北山陽一「・・・・・・(ぱきっ)」
ナレーション「そしてまた何かが壊れる音が・・・」
安岡優「き、北山さん・・・・!」
村上てつや「北山、ゴスペラーズのことも考えて・・・安岡、はなれろっっ!」
北山陽一「もう、・・・・もう限界っすよ〜〜!(絶叫)」
黒沢カオル「言ってやれよ、北山!」
ナレーション「わなわなと震える北山がそこでついに…!!!」
酒井雄二「ついにってなんなんだよ!!誰かフォローしてくれよぅ(号泣)」
[TOP|NEXT|BACK]