-ゴスドラマ過去ログ:8801-8900-
07/16 00:09 ナレーション「ここはとある警察署の刑事課…事件は滅多に起きない平和な所だったのだが…。」
07/16 00:10 小林社長「やあやあ!おはよう、諸君!今日はこの課に新人が久しぶりに来た、みんなに紹介しよう。」
07/16 00:11 村上てつや「オッ、やっと3人じゃなくなるんだな!」
07/16 00:11 北山陽一「なんだか3人だと不満みたいに聞き取れますが…?!」
07/16 00:12 酒井雄二「ごもっとも!で、どんな人なんですか、課長?」
07/16 00:12 ト書き「小林の後ろから入ってくる2人の男。」
07/16 00:13 安岡優「安岡優です!精一杯頑張ります、よろしくお願いします!!」
07/16 00:14 黒沢カオル「黒沢薫です…えーっと…よくわからないんですが、頑張ります。」
07/16 00:14 小林社長「という事だ、仲良くやるんだぞ!」
07/16 00:15 村上てつや「エッ…この2人だけなんですか、課長?!」
07/16 00:16 小林社長「嫌ならお前を交通かに派遣しても良いんだぞ!?」
07/16 00:17 村上てつや「いえいえ、もう可愛がっちゃいます!よろしくなぁ〜安岡に黒沢!」
07/16 00:18 北山陽一「わかりやすい…。俺は北山陽一です、一応ここのデーター管理とかすべて俺がやってるんで何でも聞いてください。」
07/16 00:19 酒井雄二「俺は酒井雄二…北山みたいじゃないけど、俺にも何でも聞いて。」
07/16 00:20 安岡優「よろしくお願いします。」
07/16 00:20 黒沢カオル「あの〜…そちらの人は?」
07/16 00:21 村上てつや「オレッ?!オレは村上てつや…まあココのリーダーってとこだな。」
07/16 00:21 北山陽一「(小声)>勝手に言ってるから、気にしないで…。」
07/16 00:22 村上てつや「なんか言ったか?北山。」
07/16 00:22 北山陽一「いえ、別に…」
07/16 00:30 酒井雄二「ま〜とにかく、君達の席はここって事で…。」
07/16 00:30 黒沢カオル「ありがとうございます。」
07/16 00:31 ト書き「と足を進めたが、コケる黒沢。」
07/16 00:31 北山陽一「大丈夫ですか!?」
07/16 00:31 黒沢カオル「あはは、大丈夫です〜。スミマセン、」
07/16 00:32 安岡優「黒沢はオッチョコチョイなんです。俺、警察学校の時から一緒なんで。」
07/16 00:33 酒井雄二「へぇ〜そうなんだ。じゃあ同級生か。」
07/16 00:34 村上てつや「なんかこの頃事件なくてつまんねぇーよなぁ〜。」
07/16 00:35 北山陽一「平和だって事じゃないですか!犯罪が無い事は良い事なんですよ。」
07/16 00:36 村上てつや「そうだけどよぉ、体鈍っちまう!北山だってその天才的な頭脳が衰退してくかもしれねぇぞ!?」
07/16 00:36 酒井雄二「毎日嫌って程データー整理してるから北山の頭は鈍らないっすよ!」
07/16 00:37 安岡優「へぇ〜スゴイですね、北山先輩。こんな難しいの、俺出来ませんよ。」
07/16 00:38 北山陽一「覚えちゃえば簡単だよ。あっ、それと俺達の事先輩とか付けなくて良いよ、仲間だからさ。」
07/16 00:39 酒井雄二「そうそう、歳とか経歴とか関係なし!!そう決めたのはそこに居る自称リーダーの村上なんで。」
07/16 00:39 村上てつや「そういう事!だから、気にするな!」
07/16 00:40 ト書き「ガハハハと豪快に笑う村上」
07/16 00:43 黒沢カオル「なんか良かった。俺、もっと凄い厳しい所だと思ってたんで…安心しました。」
07/16 00:45 酒井雄二「ココは特別!人数少ないしさ。」
07/16 00:48 安岡優「え?他の課は厳しいんですか?」
07/16 00:50 北山陽一「いや、むしろココが砕けすぎ。」
07/16 00:55 村上てつや「いちいち無駄な気を遣っててもしょうがないだろ?そのぶん仕事にまわす!」
07/16 00:57 酒井雄二「とまぁ、こういうお方ですから。うちのリーダーは。」
07/16 01:27 黒沢カオル「なぁ〜るほど・・・(納得)」
07/16 01:28 北山陽一「なじみやすいでしょ?ラッキーだよ君たちはっ」
07/16 06:43 ト書き「ラッキー…?という疑問とともに、安岡は隣の黒沢を見た」
07/16 07:20 安岡優「(なんとかやっていけそう……かな)」
07/16 07:27 黒沢カオル「(なんとかやってけるといいんだけどね……)」
07/16 07:33 酒井雄二「どうしました?」
07/16 08:16 北山陽一「何かありましたか?」
07/16 08:40 ゴスペラーズ「(安&黒)いえ、何でもないっす。」
07/16 08:59 村上てつや「ほらほらっ、いつまでもダベってねーで、仕事仕事!!」
07/16 11:19 ゴスペラーズ「(安&黒)ハイ!」
07/16 11:31 ト書き「散り散りばらばらに各自の机に戻っていく・・・」
07/16 12:20 安岡優「・・・・・・・・・・・。」
07/16 12:53 北山陽一「どうかした?」
07/16 13:15 安岡優「あの・・・僕らは何をすれば良いんでしょうか・・・。」
07/16 13:16 黒沢カオル「あの〜、配属されたのはいいんですけど・・説明全然されなくって。」
07/16 13:17 酒井雄二「ん〜。だったら過去にあった事件のファイル見て勉強なさい。」
07/16 13:18 北山陽一「ファイルはそこの戸棚の一番上から古い順に入ってるから。」
07/16 13:59 黒沢カオル「わ、わかりました。」
07/16 14:15 ト書き「仕方なく、戸棚からファイルを取る黒沢。」
07/16 15:27 黒沢カオル「う、うわああああああ!!(ファイルが崩れ落ちている)」
07/16 15:29 安岡優「ちょっ!!だいじょーぶ?」
07/16 15:35 北山陽一「(こいつは生まれながらのおっちょこちょいか!?)」
07/16 15:36 ト書き「バラバラとそこら中に広がったファイルをみんなで片付ける。」
07/16 15:39 酒井雄二「(ファイルを拾いながら)あのさあ、俺、この場面夢とかで見たことあるかも。」
07/16 15:39 北山陽一「ああ、日常のことだから良くある話さ。」
07/16 15:41 ト書き「近くにあったラジオからaikoのロージーが流れ出す。」
07/16 15:42 村上てつや「おまえら静かにしろ!aiko」
07/16 15:47 酒井雄二「なんだよ、ちゃんと話せよリーダー!(ちょっと笑って)」
07/16 15:48 村上てつや「(ラジオにしがみついて。)aiko〜・・・。」
07/16 15:49 酒井雄二「ダメだあの人・・・。」
07/16 16:01 黒沢カオル「村上さんって、aiko好きなんですか?」
07/16 16:26 酒井雄二「ああ。なあんかねえ・・・。な、北山。」
07/16 16:43 村上てつや「あ、そうだ。三課からまだ聞いてねえか?B.D.(ブラッディー・ドール)の事…。」
07/16 16:51 黒沢カオル「え?何ですか?それ。」
07/16 17:07 北山陽一「ドラッグさ。5年ほど前に一度出回って、最近またはやり始めたんだな。」
07/16 17:48 安岡優「B.D.…」
07/16 17:57 黒沢カオル「どうしました?」
07/16 18:08 安岡優「んにゃ、ちょっと聞いたことがあるなーって。」
07/16 18:14 村上てつや「おー、やっぱちょっとは勉強してるんだな。結構マニアックなシロなんだよ。出回ったって言っても裏のそれまた裏でだし。…まぁ、すぐ表に出ちまったんだけどな。」
07/16 18:52 酒井雄二「パッケージに紅色のピエロが描かれてるんで、こんな通称がついたんだわ。」
07/16 19:04 黒沢カオル「そうなんですかぁ、勉強になります。」
07/16 19:20 北山陽一「うん、ちゃんと勉強しましょうね!」
07/16 19:27 ト書き「びしっと、教育テレビのお兄さんのように言い放つ北山」
07/16 19:36 村上てつや「いや、コイツは知らないのが普通だよ。新米だしな。」
07/16 19:53 安岡優「・・・・」
07/16 19:54 黒沢カオル「????」
07/16 19:56 村上てつや「なんだよ、二人とも変な顔して。とりあえず新米二人は北山とデータ整理頼む!」
07/16 20:27 ゴスペラーズ「北黒安>ハイ!」
07/16 21:33 北山陽一「じゃあ、教えるからこっち来てくれるかな?」
07/16 21:41 黒沢カオル「初仕事だ〜♪」
07/16 21:48 安岡優「あ、はい・・・」
07/16 21:57 村上てつや「さてと…俺達は…。」
07/16 21:59 酒井雄二「B.D.の事を三課は何だって言うんですか?」
07/16 22:00 村上てつや「あ〜…聞いても怒らねぇ?」
07/16 22:03 酒井雄二「俺が怒らなきゃいけないようなことなんですか?」
07/16 22:07 村上てつや「イヤ、別に。」
07/16 22:08 酒井雄二「それで、何なんですか?」
07/16 22:09 村上てつや「その出回り先がどうも前に捕まったヤツらしいんだ…でも特定できなくってよぉ。」
[TOP|NEXT|BACK]