-ゴスドラマ過去ログ:20701-20800-
09/01 11:44 北山陽一「わかった。じゃあ明日作ってくるよ。」
09/01 11:45 黒沢カオル「ありがとうございます!」
09/01 11:52 安岡優「あ、そだ。3時限目から、第一講堂で二年が演奏するんだけど。…僕らも演奏するから、良かったら聴きに来て?」
09/01 11:54 黒沢カオル「って、事は。北山先輩の作曲したコンチェルト聴けるんですか?」
09/01 11:55 北山陽一「無理だよ。…聴きに来て欲しいのは山々だけど…授業って云うものがあるでしょ。」
09/01 11:58 黒沢カオル「行きます!酒井も誘って。」
09/01 12:04 安岡優「聴くと勉強になるよ〜。色々とね?」
09/01 12:15 黒沢カオル「いろいろと・・・?」
09/01 12:16 安岡優「うんうん。いろいろと!だから聞きに聞きにきなよ!!」
09/01 12:17 黒沢カオル「はい!酒井も誘って行ってみます!!・・・・、ちなみに、あのぉ〜、ここってどこなんですかねぇ?」
09/01 12:28 ゴスペラーズ「(北&安)(脱力…)」
09/01 12:37 黒沢カオル「どうしたんですかぁ?」
09/01 12:45 北山陽一「…向こうの建物は?」
09/01 12:46 黒沢カオル「え?…むこーのは……2年の教室棟ですか?」
09/01 12:47 北山陽一「違う。3年の。…じゃあ、向こうのは?」
09/01 12:48 黒沢カオル「えーと…楽器とか、レコードとか、楽譜を保管してある…」
09/01 12:49 安岡優「違うよ黒沢。向こうは、レッスン室。」
09/01 12:51 北山陽一「似てるから仕方ないけどな…(苦笑)。で、黒沢は何処に行こうとしてたんだ?」
09/01 12:59 黒沢カオル「えーっと、1年の教室棟・・・」
09/01 13:03 安岡優「じゃぁそこの・・・ほら、あそこに見える棟が一年だったはずだよ。」
09/01 13:05 黒沢カオル「あっ?!そこなんだ・・・(反対側に行くところだった・・・)ありがとうございます。安岡先輩。(眩しいぐらいの笑顔)」
09/01 13:09 安岡優「おう!じゃあ、3次元目な!」
09/01 13:11 黒沢カオル「はい!酒井も絶対連れて行きますから!」
09/01 13:13 北山陽一「絶対来いよー。」
09/01 13:17 安岡優「(…さっきは無理だよって言ってたのに…北山、黒沢と居るとホント素直になるよな)」
09/01 13:20 北山陽一「ん?どした?」
09/01 14:10 安岡優「いやいや、なんでもないよ・・・。」
09/01 14:40 北山陽一「あっそ、なら良いけど。」
09/01 14:45 村上てつや「よ〜、青春してるかい??」
09/01 14:49 安岡優「村上さんだ。」
09/01 14:55 北山陽一「な〜にが青春ですか!!いそがしーときに!!」
09/01 14:57 村上てつや「いんやぁ、若者ってのぁ良いモンだねぇ。」
09/01 14:59 安岡優「キャラが老化してるよ…。てつ。(汗) それより、てつは何してるの?演奏者じゃないのに。」
09/01 15:02 村上てつや「ん?俺の提供した楽譜の演奏を聴きにだよ。やっぱ、ちゃんと演奏されたのを聴きたいからな。」
09/01 15:03 北山陽一「…3時限目まで、第一講堂に居るつもりですか?」
09/01 15:04 村上てつや「いやぁ、順番が何番目とか…知りたいし。」
09/01 15:05 北山陽一「あ、そのことですか。」
09/01 15:09 村上てつや「早く教えろよ」
09/01 15:10 北山陽一「え〜っと…」
09/01 15:14 安岡優「てっちゃんは誰に頼んだの?俺と陽一じゃないってことは、他の人なんでしょ?」
09/01 15:21 村上てつや「うん。実は声楽のやつに頼んだんだ。」
09/01 15:25 安岡優「声楽に知り合いなんていたんだ。」
09/01 15:27 村上てつや「スカウトしたの(笑)」
09/01 15:39 安岡優「強引に?(苦笑)」
09/01 15:46 村上てつや「う〜ん、最終的には強引だったかな?」
09/01 15:51 安岡優「ははは・・・・。でさぁ〜、誰なのぉ〜?どこにいるの〜?」
09/01 16:56 黒沢カオル「どうも〜♪」
09/01 17:01 安岡優「a,」
09/01 17:10 北山陽一「もしかして・・・」
09/01 17:17 黒沢カオル「??どうかしました??」
09/01 17:23 村上てつや「そうだよ!こいつだよ。」
09/01 17:25 安岡優「え?!黒沢は声楽科じゃないよ。」
09/01 17:39 村上てつや「俺、声楽って言ったか??」
09/01 17:50 安岡優「言いました!!!ま、いいです。もうっ。」
09/01 17:51 酒井雄二「もう大変だったんですよ、メシで釣るわ、モノで釣るわ・・・最後には「ギロッポン(六本木)のチャンネー(おねぇさん)の店行くか?」とか言うわ・・・・(苦笑)」
09/01 17:53 北山陽一「で、黒沢は何につられたの?」
09/01 18:10 黒沢カオル「???」
09/01 18:14 村上てつや「薫!!お前俺の作った曲やれ!」
09/01 18:17 安岡優「え?どういうことぉ?まだ薫がやるって決まってないの?」
09/01 18:22 黒沢カオル「???」
09/01 18:27 村上てつや「とにかく!俺はお前の声が気に入った!やってくれるよな?!」
09/01 18:28 黒沢カオル「・・・・・・・・・・・・心配だけど・・・・・・やらせてください!!」
09/01 18:47 ナレーション「やるんだ。」
09/01 18:50 村上てつや「なんだぁ〜?ナレ!!文句あるのかぁ〜!?20字以上30字以内で述べよ!!」
09/01 18:56 ナレーション「ふっ。ありませんよぉ〜。」
09/01 18:57 酒井雄二「…はぁ…何なんでしょうかね…ったくもぉ」
09/01 18:58 北山陽一「頑張れよ! 黒沢!!」
09/01 18:59 村上てつや「俺のためにもガンバレよぉ〜!!」
09/01 18:59 黒沢カオル「はい!!!」
09/01 19:00 酒井雄二「なんで薫なんですか?」
09/01 19:02 村上てつや「こいつの声がめちゃくちゃいいんだよ!!」
09/01 19:02 黒沢カオル「めちゃくちゃですか!?(目キラキラ★☆★)」
09/01 19:08 北山陽一「(黒沢・・・)」
09/01 19:13 村上てつや「いや、その・・・(真っ赤)」
09/01 19:20 酒井雄二「何を照れてんスか・・・。」
09/01 19:21 安岡優「そうゆったのが恥ずかしかったり・・・・・。」
09/01 19:24 村上てつや「ととととにかくっ!頼むぞ黒沢!!」
09/01 19:25 黒沢カオル「はい!(ニッコリ)」
09/01 19:37 北山陽一「そんなに、あせらなんくても・・・。」
09/01 19:44 酒井雄二「うーん・・・。」
09/01 19:50 北山陽一「(あんなに嬉しそうな顔するんだ・・・)」
09/01 19:55 酒井雄二「どうかしましたか?」
09/01 19:57 北山陽一「いやっなんでもないよ。」
09/01 19:58 安岡優「ふふん。(何かを確信した微笑み)」
09/01 20:10 酒井雄二「?」
09/01 20:18 黒沢カオル「薫がんばれよ〜」
09/01 20:25 北山陽一「なに・・自分でいってんの?」
09/01 20:27 安岡優「ミスったです…。」
09/01 20:30 酒井雄二「何はともあれ…薫頑張ってくださいね!」
09/01 20:33 黒沢カオル「うん!がんばるよっ!!!☆☆☆」
09/01 20:35 北山陽一「がんばれよ・・・」
09/01 20:35 安岡優「でもさぁ…当日にぶっつけ本番って辛くない?」
09/01 20:37 黒沢カオル「でもちょっと待って、僕1人で歌うのぉ?北山先輩は?みんなは歌わないの?」
09/01 20:38 安岡優「俺と、陽一はコンチェルトやるからさ。もう、暗譜済みだし。」
09/01 20:39 酒井雄二「しかし…この曲は、一人で歌うには辛いでしょう。」
09/01 20:40 北山陽一「そう?」
09/01 20:41 酒井雄二「そう?って先輩。…この楽譜。最初から複数人で歌う為に書かれた気がするんですが。俺の気のせいですかね…?」
09/01 20:41 黒沢カオル「だれかぁ。一緒に歌わない?お願い☆(上目遣い)」
09/01 20:42 村上てつや「別に…歌わなくても。演奏するだけって手もあるしな。」
[TOP|NEXT|BACK]