2002年黄金週間前半 毒蟲宴会 in 讃岐

 

序章・・・(読むのメンドい方は次ぎのページへど〜ぞ)

4月27日土曜日の早朝、和歌山の工事現場に「なんで俺は今ここにいてるんやろ?」と

ブツブツ文句をいいながら労働に勤しむがいましたとさ。

仕事はいつ終了するやも知れず・・・・

「おまえら終わるまでゴールデンウィークもヘッタクレもあらへんぞぉ!」

親方様におどかされたは「四国の宴会は無理やな〜」と半ば諦めていました。

 

仕事は当然のように夜になっても終わらず、気が付けば空が白みはじめ

黄金週間初日28日の朝をは現場で迎えました。

 

現場の前の道が行楽へと出かけるファミリーの車で渋滞しはじめた午前9時頃、

施主様から「なんとか間にお〜たのぉ〜」と暖かいお誉めのお言葉を頂き

やっと奈良に帰る事を許されたは工具とボロ雑巾のようになったショッカー隊員を満載した

ハイエースで阪和道、近畿道、阪神高速、第2阪奈を法定速度プラスαで爆走し

約一時間半後には会社に帰っていました。

 

さっさと我が家にかえろうとが駐輪場へ行くと愛車が止まっていた所に

単車の姿はなく紙切れが一枚ヒラヒラ・・・・

「単車 貸してもらうで。 社長」

紙切れが張り付けてあった柱に回し蹴りを一発かましてから

会社の車で我が家へと向かう

 

汗くさくホコリまみれの体を洗い流す為ノンビリと風呂に入り

風呂上がりのビールを一本グビッとあおると今にも脳細胞がトロッと鼻から出てきそう・・・

 

「このままじゃ〜寝てまう・・・」

そう思った讃岐のおやじにメールを送り今夜の宴会はどんなもんか

様子を探ろうとした。楽しそうな返事が帰ってきたら元気が出てくるのでは、

四国まで走る気が起こるのではと考えたからである。

 

数分後、おやじから帰ってきたメールには

「あぁ〜?うどん飽きたからホームセンター見てる」

・・・・・・・・・やっぱりね。

楽しさ満開のメールなんか届かんやろとは思ってたけど

ここまで脱力したメールとは・・・

「飯くって寝よ・・・」

は昼食をとりに車で出かけるが黄金週間の奈良は大渋滞。

幽体離脱しそうになるのを堪えながら渋滞にならんでいると

ねぎさんから電話が!

「源のとこからやったらスグ着くよ!瀬戸大橋経由やったらスグ!スグ!!」

「昼飯たべてゆっくり休んでから夕方に出ても夜の宴会には間に合うよ!」

電話の向こうからねぎさんの甘い囁きと

「みんな居てるよぉ〜、楽しぃ〜よぉ〜〜」のオーラが漂ってくる。

このまま飯喰って寝たら後悔するかも・・・

 

結局、は睡眠欲より宴会欲(?)に負け

讃岐宴会に出かける事になったのでした。 めでたし、めでだし・・・

「写真館」のくせに写真ないやんけ!とゆ〜ツッコミはせんと次ぎのページへど〜ぞ。

 

 

「写真館」トップへ

HOME